しゃべる地球儀の2つの賢い買い方

しゃべる地球儀の賢い買い方教えちゃいます!
そのポイントは2つです。

1.生産終了のモデルを買わない

地球儀もある意味生き物です。世界は一見変わっていないようで変化しています。

例えば、最近とある国で、国の呼び名が変わったのをご存じですか?
しゃべる地球儀グルジア2015年4月22日付で日本政府は、旧ソ連の「グルジア」の国名表記を「ジョージア」に変えました。呼称を変更する改正在外公館名称位置給与法が14日に成立したのを受けた措置です。公文書や外務省のホームページなどで使う呼称を改めるというものです。旧グルジアについては国連加盟国の大多数がもともと英語由来の「ジョージア」と呼んでおりましたが、ロシア語由来の「グルジア」としていたのは日本や韓国、中国、それに旧ソ連の国々ぐらいでした。2008年にロシアと武力衝突した旧グルジア政府は、翌年からロシア語に由来する呼称を変更するよう各国に要請していましたが、これまで日本政府は応じていなかったようです。

これにまともに影響を受けたのが、地球儀&地図業界。一斉に表記の変更を余儀なくされました。改定以前に作られた日本の地球儀はみんなグルジア表記ですのでご注意ください。(※改定後でも古い流通在庫のものはグルジアの可能性ありです。後述)

しゃべる地球儀パーフェクトグローブ生産完了また、しゃべる地球儀パーフェクトグローブに関しては情報更新ができますが、実はなんとこれ”期限付き”なんです!
「情報更新データのサポートは、各機種生産終了後1年」となっておりますので、 生産終了のモデルを購入しますと早くに情報更新期限の寿命を迎えてしまいます。

現行モデルを買うのがベストです。
続きまして、

2.古い在庫のものを買わない

現行モデルを買うのがベストということは、おわかりいただけたでしょうか。引き続きさらなるポイントです。同じ現行モデルであっても、買い方によっては中身が違う場合がございます。

しゃべる地球儀パーフェクトグローブ情報更新現行モデルのパーフェクトグローブホライズン、これは2015年に発売されました。極論、2015年に発売されたものと最近発売されたものでは、購入時にしゃべる内容が異なります。先述の2015年のグルジア国名の呼称変更の例もあります。さらに、国の最高責任者や都道府県の県知事はどうでしょうか。しょっちゅう選挙ごとに変わってますよね。しゃべる地球儀も定期的に情報変更をしておりますので、工場出荷段階のデータもそのタイミング毎に変更となります。例えば、2017年1月20日(日本時間21日)にアメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任しましたが、それ以前の生産ロットのパーフェクトグローブに格納されるデータの更新は反映されておりません。(「バラク・オバマ」としゃべる)外見上、同じ現行モデルのしゃべる地球儀でも、中身が異なるとはこのことです。※注)但し、情報更新は目安年1回程度で、世界の大きな動き以外は常時行っているわけではおりませんのでご了承ください。

但し、球体の表示は別として、しゃべる内容は購入後すぐ情報更新してしまえば同じことでは?と思われます。実はここにも違いがございます。
パーフェクトペンの登録パーフェクトグローブの情報更新にはパーフェクトペンの登録*が必要で、「情報更新の無料期間は、パーフェクトペンを登録してから1年間」です。もう一度言いますね。「パーフェクトペンを登録してから1年間」です。パーフェクトペンを登録しなくてもしゃべる地球儀は使えます(情報更新と言語変更以外)。「ははーん」もう気づいた方もいらっしゃると思いますが、つまり、パーフェクトペンを登録する時期をなるべく遅くすれば、そこから1年間の無料更新が始まりますので、無料期間を先延ばしにできます。購入時古い情報のしゃべる地球儀だった場合、購入後すぐ更新をしたいので無料期間終了の1年後はすぐやってきます。新しい情報が最初から入ったものが入手できればそんなに急いで更新する必要はありません。仮に購入1年後に初めて登録した場合、そこから1年は無料更新ですので2年は無料で最新ということになります。

最新のしゃべる地球儀パーフェクトグローブそうなればやはり購入時から新しい情報の入った地球儀が欲しいですよね。当然、誰もが思います。さて果たして古い在庫品と最近の生産ロットの見分け方はあるのでしょうか?一番気になる所ですね...申し訳ございませんが、これについては事情によりコメントできません。一つ言えますのは、ネット購入では通常まず無理かと思います。店頭購入でもかなり困難です。そもそも個別に選ぶようなことはできませんし、店側スタッフもそればかり専門ではないのでまず見分けがつきません。仕入価格を下げるために大量一括仕入で在庫している店はそのリスクが増えますね。ではどうするか?残念ながら一般の消費者の方が見分けるのは困難で、ネットで買うにしろ、店頭で買うにしろ、極端に古いものが当たらないよう祈るしかないかと...幸運を祈ります。

しゃべる地球儀パーフェクトグローブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る