シンチレーションカウンター Radi PA-1100

ガイガーカウンター放射線測定器
通信機能搭載 高感度・環境放射線モニター
シンチレーションカウンタ Radi PA-1100





<特徴>
自然の微弱なγ線を専門の知識がなくても、ワンタッチで簡単に精度よく測定できるハンディタイプの高感度測定器です。

PA-1100は、通信機能を搭載し、データの自動記録が可能な「通信機能付 環境放射線モニタ PA-1100」。従来からの「環境放射線モニタ PA-1000」の使いやすさはそのままに、測定範囲を2倍に拡大(0.001~19.99μSV/h)しました。

<コメント>
ベストセラー機Radi(PA-1000)の進化系です。シンチレーション式にてガイガー式よりも10倍以上高感度・高精度
身の回りのγ線環境測定の性能は優秀です。自然放射線レベルからそれ以上のレベルまでの環境測定をする方に特におすすめです!

※(ご注意)本製品は、環境レベルにある放射線(μSv/h単位)を学習する教育用であり、測定場所における放射線量の安全性や危険性を判定するものではございません。
Radi PA-1100
販売
価格
¥148,000(税別)
¥155,400(税込)
 送料  送料無料

通信機能(Bluetooth®/USB)を備えており、放射線量を記録することができます。

● 通信機能を搭載。日々のデータ管理が容易に。
【Bluetooth®スマートフォン連携
携帯端末のGPSデータ(位置と時間)と
放射線量を記録することが可能
【USB】パソコン連携
USBの出力データをパソコンで採取すること
により、連続モニタリングが可能

「シチレーションカウンタ」とは?
放射線の作用によって蛍光を発する物質(シンチレータと呼びます)があります。
シンチレータに放射線が入るとそれを構成する原子が励起され、短時間に元の状態に戻ります。このとき励起エネルギーに相当する発光が生じます。
この原理を利用し、放射線の飛び込んだ数と放射線エネルギーを測り、線量に換算する放射線測定器を「シンチレーションカウンタ」といいます。
 尚、本製品では、放射線検出器として「固体シンチレータ」と呼ばれるヨウ化セシウムの結晶を用いています。放射線の量に応じて検出器から出る蛍光をフォトダイオードで電気信号に変換し、1時間あたりの放射線量として表示します。放射線の電離作用を利用し、飛び込んだ放射線をパルスとしてカウントし検出するGM管(ガイガー・ミュラー計数管)方式、その他の放射線測定のガイガーカウンタに比べ、10倍以上高感度。そのため、微量な放射線の測定が可能です。

環境放射線モニターRadiで身の回りの放射線の存在を知る
地球が誕生した時から放射線は飛び交っており、今でも私たちは放射線に囲まれて日常を過ごしています。上空・地面・食べ物などからも、放出されているほど身近な存在ですが、実はほとんどの日本人が知りません。自然界に存在する環境放射線は、目には見えず触れることもできないため、測定器を使って“はかる”ことで、環境や人体に対する影響度がわかります。放射線量は場所によって異なり、地中からの放射線の影響を受けにくい海上と、コンクリートで囲まれたトンネルでは数値に差異が生じます。この放射線モニターは暮らしの中の微量な放射線を計測し、放射線における正確な理解に役立ちます。



Radiは、業界最高水準の微量な放射線まで計測し、シンチレーション式で、他方式よりも約10分の1の微量な放射線を測定可能です。操作は簡単、電源ボタンを押すだけで測定開始。高性能、長寿命、高信頼性を実現。通常の自然放射線の量からその100~200倍程度の強さまで測定できます。水滴が付着しても安心して使える「生活防水」(JIS防水保護等級 IPX4)。製品本体には、植物由来の耐熱性や耐久性が向上したバイオプラスチックを採用。環境負荷の低減に配慮をしています。
 Radiを用いて放射線学習をすることも可能です。
・街の環境放射線マップ作り
・物質ごとの放射線量の違いを測る
・特定の場所の放射線量を測る
・物質ごとの放射線の透過性を調べる
・中が見えないビンに入っている水の高さを調べる
・測定対象までの距離と放射線の強さの関係を調べる など
(参考)環境放射線
トンネル内では高めになります。
関西地方は関東地方より高めになります。
海や河川では低めになります。

ご注意:本製品、自然界のバックグラウンド放射線より低いものの測定には向きません。
<仕様>
検出方式

CsI(Tℓ)シンチレーション式

測定線種
γ線(ガンマ線)
感度 1μSv/hに対して毎分1000カウント(1000cpm)以上
相対指示誤差

±10%以内

指示値変動

変動係数0.1以下

エネルギー範囲

150keV〜1250keV

エネルギー特性

0.5〜3※1(簡易エネルギー補正)

電源

単3形乾電池 1.5V 2本(マンガン電池、アルカリ電池)
USB接続時は、USBからの電源供給

有効測定範囲及び表示

0.001〜9.999μSv/h
10.00〜19.99μSv/h
デジタル4桁表示自動切替

サンプリング時間 60秒
表示間隔

60秒の積算値(移動平均)を10秒毎に表示

外形寸法

68(W) × 28(D) × 121(H) mm

質量

175g以下(電池を除く)

付属品

取扱説明書、単3形アルカリ乾電池2本、ネックストラップ、USBケーブル

通信機能

<Bluetooth®通信>
Bluetooth®通信にて線量当量率(μSv/h)データを出力
※シリアルポート・プロファイル(対応OS:Android™ 2.2以降)が
サポートできる端末のみ使用可能

<USB通信>
USBケーブル(付属品)にて線量当量率(μSv/h)データを出力
(Windows® 7、Windows Vista®、Windows® XPに対応)

出力データ <Bluetooth®通信>
Android™端末より得られた時刻、緯度経度、高度情報とPA-1100
より得られた線量当量率をCSV形式でAndroid™端末に保存

<USB通信>
PCより得られた時刻情報とPA-1100より得られた線量当量率
をCSV形式でPCに保存
製造 (日本)HORIBA
Model PA-1100
製品保証 メーカー1年保証

※1 137Cs(セシウム-137)(662keV)に対する感度を1とした
場合の相対感度
Bluetooth®モジュールは技適マーク適合品です。

※はかるくんDX-300同等品(まったく同じ製品ではありません)

最新在庫状況・納期に関しては、「お申込のページ」に明記してございます。




*
送料無料
法規に基く表記
■お問合せ■
お問い合わせ お気軽に
どうそ!
只今お電話でのお問い合わせは承っておりません
mail お問合せ
取扱全機種ラインアップ
製品比較・最新納期情報はTOPページを参照ください。


放射能判定キット
別売オプション

容器に入れるだけ 放射能簡易測定キット
環境放射線モニターRadi(別売) と組み合わせることで食品や土壌の簡易スクリーニング(放射能を検査)を可能になります。

Radi専用 放射能簡易測定キット

販売
価格
¥25,000(税別)
¥26,250(税込)
 送料  送料無料

(ご注意)Radi本体(別売)別途必要です。
オプションのみでは機能しません。

Radi専用【放射能簡易測定キット】
環境放射線モニターRadi と組み合わせることで食品や土壌の放射能を検査する「放射能判定キット」。従来、同モニターは放射性物質から出る放射線量を0.001〜9.999マイクロシーベルト/時で測定していましたが、同製品をそのまま専用容器にセットして放射性物質の検査で指標とされているベクレル値に換算できるキットを開発。食品を中心に放射性物質の検査ニーズが高まる中で、検査機関に検査を依頼する以外にも、使用者の手元で試料の簡易判定をする機会を低価格で提供します。それにより迅速な品質検査とともに、食の安心・安全につながればと願っています。本キットは、主に農林事業者向けに10月上旬発売予定。

このたび、食品や土壌の放射能を検査する「放射能判定キット」を開発し、徳島大学の佐瀬卓也講師らと判定技術の確立を進めています。放射性物質検査ニーズが高まる中で、事業者が自ら簡易判定できる同キット(専用容器およびマイクロシーベルト/時のベクレル値換算ガイド)を10月上旬に発売予定です。

●食品に対する放射性物質の検査
昨今の放射能漏れ事故を受け、検査機関では、食品の放射性物質検査ニーズへの対応が急務となっています。検査機関では、簡易検査と精密分析の2階層の検査が行われており、堆肥や農水産物や牛肉、汚泥など多種多様な試料の検査が行われています。
検査に当たっては、厚生労働省医薬局「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に基づき、サーベイメーターを用いた簡易検査では精密分析の必要性の有無が判定されています。また、ゲルマニウム半導体検出器を用いた精密分析では、試料のベクレル値を測定し、国の暫定基準値と定量的に比較検査されています。
一方で、事業者でも自ら放射能の検査できる方法を求められています。当社はこのニーズに対して、簡易検査と同等の判定能力がある判定キットを低価格で提供することで、迅速な品質検査とともに、食の安心・安全につながればと願っています。

●環境放射線モニターと判定キットの特長
1.小さくて持ちやすい、簡単操作
手のひらサイズと小型で、電源ボタンを押すだけで測定値を表示。判定キットも小型軽量。
2.高精度に微量な放射線まで測定
線量当量率の測定範囲が0.001〜9.999マイクロシーベルト/時と微量な放射線まで測定可能。専用容器で本体検出部と測定対象物との位置関係が決まるため、放射性物質の簡易な検査可能。
3.シーベルトをベクレルに換算できる
ベクレル値換算ガイド(検量線)を提供し、放射線量から放射能の量(ベクレル値)に換算可能。

●用途
土壌の放射能を判定/除染作業の効果の確認/食品の簡易判定など

■簡易スクリーニング(土壌の例)
バックグランド値を測定し、平均値を出して安定的な値を算出します。
①バックグラウンド測定:専用容器に水を入れ1分間測定×5回繰り返し、平均値【A】を出す
②対象物測定:専用容器に対象物を入れ1分間測定×5回繰り返し、平均値【B】を出す
③計算式にて判定 B/A ≧ 1.2 なら、放射能があると疑われる
→検査機関に分析依頼をしてください。
※食品の場合は、粉砕します。
発売前につき仕様等変更の可能性ございます。
<仕様>
内容(付属品) 専用容器、マイクロシーベルト/時からのベクレル値換算ガイド(検量線) 、説明書
容器外寸
直径 168ミリメートル × 高さ185ミリメートル(突起物除く)
容器素材 塩化ビニール
試料量
1000立方センチメートル(1リットル相当)
備考
ラディを所有する方は本キットを使用可能。




ガイガーカウンターSHOP
http://www.geigercounter-shop.com

当SHOP取扱いの製品は、個人の方でも簡易的に測定できるタイプのものです。
細かな数値が重要な意味をもつ目的の測定や高度に精密精査を必要とする測定には、向いておりません。

当サイト内のコンテンツ・画像・文章・図の無断転載をお断りします
Sorry, we don't accept the order from outside of Japan.
We don't deliver our items abroad.
Copyright(c)1998 SAWADAYA,Inc.All rights reserved